クラウドワークスの評判はどう?主婦の私が実際に使ってみた体験談と初心者でも稼ぐコツ!

こんにちは!あさぎです。

在宅ワークで仕事を探すと、いろんなクラウドソーシングサービスがあって迷いますよね。

その中でもクラウドワークスは大手企業が運営しており、初心者でもできる案件がたくさんあって有名です。

案件がたくさんある代わりに、選ぶのに時間がかかってしまう、悪質なクライアントがいる、などの問題があるのも事実です。

そこで今回は、クラウドワークスで受注・発注ともに経験している私が、初心者でも稼ぎやすい案件や、クラウドワークスのメリットとデメリットをお伝えします。

その他客観的な情報として、クラウドワークスの評判と口コミも調べましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

クラウドワークスの初心者の月収と稼ぐコツを知りたい方はこちら↓

クラウドワークスの初心者の月収をアンケート調査!初心者が稼ぐコツはタスクで!クラウドワークスの初心者の月収をアンケート調査!初心者が稼ぐコツはタスクで!

クラウドワークスの口コミと評判

クラウドワークスの口コミと評判を、ネット上やSNSから集めました。

クラウドワークスは2011年に設立されており、ユーザー登録者数は300万人を超えます。

ユーザーが多いので、SNSにも口コミたくさんみられました!

クラウドワークスの悪い口コミ

  • 案件を探して提案するのにすごい時間がかかる。初心者でスキルなしだと戦えない。
  • 低い単価で案件を提示するクライアントがいる
  • 作業が簡単な代わりに単価も低い
  • 人気の案件は倍率が高い

クラウドワークスは、案件を探して提案するのにすごい時間がかかる、という意見がありますが、本当にその通りです。

まず、仕事に応募してクライアントとの連絡を取るのですが、そもそも連絡が来なかったり、テストライティングを送った後の返信がなかったり…。

まずは、案件が通るのにも時間がかかります。

特に単価が高い案件は、倍率が高くその分採用される確率が初心者は特に厳しくなります。

始めたばかりの頃は、単価が低くてもとにかくできる仕事があれば受注して、実績を積んでいく、というスタイルです。

クラウドワークスのいい口コミ

これからクラウドワークスで仕事を探すぞ〜!という口コミはとても多く見られます。

悪い口コミよりもいい口コミを探すのが大変でした^^;

  • 高単価の案件を獲得すれば稼ぐことができる
  • 自分の得意なことで報酬をもらえるのが嬉しい
  • クラウドワークスで実績を積んで、ライター募集のサイトへ直接応募しよう!
  • 単価が低いのは、誰でもできる在宅の仕事だから妥当だと思っている

クラウドワークスは、初心者でもできる在宅ワークが豊富なので、とりあえず副業を始めたい人は、登録してみよう!というサイトです。

スマホで簡単にできるアンケートや、チラシ入れなど内職のような仕事もあります。

クラウドワークスでは実績を積むことによって評価が上がり、その職種のより単価が高いプロジェクトに採用される確率が高くなります。

継続して案件を取っていかないと評価が上がらず、単価が低い仕事しか受注することができません。

いい口コミが少ないのは、始めの方の段階ではあまり稼げないので、そこで辞めてしまった方の悪い口コミが勝ってしまうのでしょうね。

クラウドワークスを主婦の私が実際に使ってみた感想

クラウドワークスを実際に使ってみたので、レビューしますね!

まず最初に登録して思ったことは、仕事の案件数がとても多いことです。

クラウドワークスは案件数がたくさん!

仕事の依頼形式には、

  • プロジェクト(まとまった時間を要する作業)
  • コンペ(案を募集して、その中から一番良い案が選ばれる)
  • タスク(短時間で終わる作業)

の3種類があります。

始めのうちは要領がつかめないので、自分ができそうな仕事を探すだけでも疲れてしまいました。

まずは、タスクタイプは3〜5分で終わる簡単なアンケートが多いので、やってみることにしました。

アンケートはスマホでもでき、簡単ですぐ終わりますが1件/5円でした。

簡単な仕事が多いので、未経験でも副業できるのは本当!

案件の単価が低い

タスク作業は、簡単に終わるのはいいのですが、その代わり単価は低いです。

1件5円だと、100円稼ぐのに20件のアンケートに回答しなければなりません。

1件3分かかるとしたら、100円稼ぐのに1時間かかるってこと…?

在宅で出来る仕事なので、どうしても時給に換算すると安くなってしまいますね。

もちろん、ライティング、プログラミング、動画編集など、技術が必要な案件は、高額の報酬がもらえる仕事もあります。

私はライティングの仕事に応募してみましたが、単価が高くて条件がいい仕事は、応募者が殺到しており、クライアントから返信が途中から来なくなってしまいました。

やっぱり、最初は単価が低くてもできる仕事からこなし、クライアントから選ばれるような実績数がないといけないんだなぁ〜、と痛感しました。

手数料が高い

そして気になったのが、クラウドワークス側に支払うシステム手数料です。

タスクや固定報酬制で得た報酬に対して、10万円以下の部分は20%をクラウドワークス側に支払うことになります。

1万円稼いだら、2000円が手数料として差し引かれ、8000円が実際の収入になります。

クラウドワークスで2000円稼ぐのは、かなり時間を要することなので、システム手数料がとても高い!と感じてしまいました。

クラウドワークスの悪評のウワサを聞きますが、システム手数料の高さや、ユーザーの増加から仕事の単価が下がっている状況からだと考えられます。

とは言え、在宅で仕事を探せるサイトでは一番案件数が多いので、実績を積んだり、自分自身のスキルアップとして上手く活用していきたい、と言う感想です!

クラクラウドワークスの登録から面接まで

クラウドワークスの登録から面接までの流れを簡単にまとめました。

  • 新規会員登録をする
  • マイページから基本情報を編集する
  • 仕事を探す
  • 面接などをして、OKが出たら仕事を開始する
  • クライアントに仕事を納品する
  • 検収が完了したら、報酬が支払われる

新規登録だけなら、30秒もかかりませんが、そこから自分のプロフィールを入力をする作業があります。

自己PRや経歴など、履歴書代わりになりますのでしっかり記入しておきたいところです。

そこからまた自分に合った仕事を探して、応募〜条件合意までクライアントからの返信が遅くなってしまう時もあります。

タスクタイプのお仕事はすぐに開始できますが、プロジェクトタイプの仕事はすぐに取り掛かることができません。

始めたばかりの頃は、タスク案件をこなして仕事になれつつ、プロジェクトタイプで自分に合った案件を探していくのが良いと思います。

クラウドワークスで稼ぐコツとおすすめの案件

クラウドワークスで稼ぐコツは、単価が低すぎる案件を避けながら、実績を積むことです。

単価が固定報酬で5000円となっていても、時給に換算すると単価が低すぎる仕事もあるんですよ。

仕事に応募する際は、報酬に対して作業時間がかかりすぎないか、きちんと計算してみてください。

クラウドワークス側で、悪質なクライアントを選別しきれていないのが現状です。

初心者でも稼ぎやすい、おすすめの仕事カテゴリは、ライティング・記事作成の【記事・webコンテンツ作成】です。

まずはプロジェクトではなく、タスクタイプの文字数が少なめの簡単なお仕事をして、慣れていきましょう。

ライター初心者が、自分の得意じゃない分野の記事を2000文字書くって、想像以上に相当しんどいです。

極端に単価が低くて時間がかかりすぎるものは避けて、自分の知識があって書けそうなタスクがあれば、挑戦していきましょう。

また、仕事のカテゴリ【ホームページ制作・WEBデザイン】→【SNSマーケティング】では、ツイッターやインスタグラムの運営代行のお仕事があります。

SNSを毎日1時間以上みている、詳しいなど条件はありますが、未経験でも可能なお仕事です。

「いいね」などの反応があれば、お仕事としてやりがいがあるので、初心者でも挑戦しやすくおすすめの在宅ワークです。

→SNSマーケティングの仕事をクラウドワークスで探すならこちら


まとめ

クラウドワークスの口コミや評判をまとめ、実際使ってみた感想として、

誰でも在宅で副業を始めやすいけど、最初は単価が低い仕事しかできないので、稼げるようになる前に挫折してしまう!

という実態が分かりました。

まずは簡単なタスクタイプの仕事から初めて、継続して実績を積んでいくと評価が上がり、クライアントさんからも採用されやすくなります。

単価が低い、手数料が高い、という評判もありますが、仕事が多いサイトとしては間違いはありません。

クラウドワークスは、スキルがない初心者や、自分自身のスキルアップで次に繋げたい!という方におすすめです!

最初はなかなかいい仕事を探すのが難しいですが、継続して高い報酬がもらえるようなスキルを身につけていきたいですね!

→クラウドワークスで在宅ワークの仕事を探すならこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です