40代主婦がwebデザイナーを目指して分かったこと【副業でも本気で取り組もう】

40代主婦 webデザイナー

こんにちは!あさぎです。

2021年の4月から10月までオンラインスクールで、webデザインの学習をしていました。

この記事では、40代主婦がwebデザイナーを目指して分かったことや、よかった事をまとめました!

今は家庭の都合と優先順位から、webデザインの学習は一旦終わりにしています。

これから40代主婦でwebデザイナーを目指す方の参考になれば嬉しいです。

webデザインを学習するきっかけ

webデザインを学習しようと思ったきっかけは、ブログ以外でもスキルアップしたいな、と思ったからです。

ずーっとブログを書いていて、同じ作業にマンネリを感じていたところでもありました。

そして、webデザイナーは稼げる・需要がある、などTwitterでも話題になっていましたので、その勢いに乗ってみた感もあります。

webデザイナーになって、〇〇がしたい!という明確な目的はありませんでした。

webデザインを学習して、月5~10万円位お仕事ができたらな、というイメージはうっすらありました。

あさぎ

とりあえず、何事もやってみないと分からない!そんな気持ちで挑戦してみました。

40代主婦がwebデザイナーを目指してみて分かったこと5つ

半年間webデザインを学習して分かったこと5つがあります。

個人的な感想ですので、あくまで参考程度にしていただければと思います。

スキル習得に時間がかかる

デザインを制作したり、コーディングができるようになるには個人差があります。

「3か月でwebデザイナーになる」というのは、40代主婦では使える時間に限りがあるので、かなり厳しいです。

使える時間や理解度も違うのでなんとも言えませんが…。

webデザイナーとして雇ってもらうには、全くの未経験の方は少なくとも半年~1年はかかると考えた方がよいです。

人によって向き不向きや経験が違うので、マイペースにスキル習得していくのがいいですね。

あさぎ

webデザイナーになりたい!という強い理由が重要!

何かを達成するには、目的(理由)と手段がとても重要です!

webデザイナーになりたい!は稼ぐための、在宅で働くための手段でしかありません。

webデザイナーになって何をしたいのか?という理由が弱いと上手く行動できなくなってしまいます。

  • 在宅で働いて子どもと過ごす時間を増やしたい
  • ゆくゆくは自分のECショップを持ちたい

具体的に理由があれば、覚えることが多くても、モチベ―ションが続くのではないかと思います。

webデザインをするのが楽しい!コーディングが面白い!という理由もないと、学習を継続するのは大変かもしれません。

クラウドワークスのコンペが激戦だった

クラウドワークスで副業が探せるよ!とのことで、バナー制作のコンペに挑戦してみました。

3件位やってみた結果、本業のwebデザイナーさんが提案していることも多く、選ばれるのは難しいのでは?と思ってしまいました。

とは言え、コンペを経験することで、他の方のデザインから勉強でき、自分のスキルアップにも繋がりました。

クラウドソーシングのコンペは激戦なので、モニターを募ったり、知り合いに聞いてみるなど、他の方法の実績作りもしてみるとよかったです。

副業でも本気で取り組む必要がある

クラウドソーシングでwebデザインの案件、求人でもwebデザイナーの需要はたくさんあります。

しかし副業でも本気で取り組まなければ、収入を得ていくには難しい世界だと感じました。

本業のwebデザイナーさんが副業しているので、比較して焦ってしまったのもあります。

私の場合は、育児とブログの方を優先したい事に気付き、webデザインの学習を続けるのが難しいと判断しました。

条件にあてはまる求人が少なかった

PhotoshopやXDの操作ができるようになり、バナー・ヘッダー、HPもそれなりにデザインできるようになりました!

半年ほど学習したので、雇ってくれる求人はあるかな?と探してみました。

その結果、私が求める条件のwebデザイナーの求人はとても少ないのが現状でした。

  • 未経験OK
  • 業務委託
  • リモートワーク
  • コーディング不要

コーディングができたり、オフィスに通うのであれば、もうちょっと求人が増えますが。

条件が厳しいですし、スキル不足なのでしょうがないと言えば、しょうがない結果です。

あさぎ

お仕事を選ばなければ、バナー制作などはありました。

40代主婦がwebデザインを勉強してよかったこと3つ

私がwebデザインを勉強してよかったことを3つまとめました。

webデザイナーにならなくても、webデザインの知識やスキルは役立ちます。

デザインの知識はブログで使える

デザインの知識は、Twitterのヘッダーやブログのアイキャッチで役立っています。

これまでのアイキャッチは、中心がずれていたり、行の先頭が不ぞろいだったりと、デザインがバラバラでした。

図解もパパっと制作できるようになり、読者に分かりやすく伝える時に重宝しています。

バナーやLPを制作する際に、キャッチコピーやペルソナに刺さる文章も考えていたので、ライティング力も向上したように感じます。

デザインを勉強して、ライティング力が上がるなんて思っていなかったので、とてもラッキーです!

あさぎ

バナー・ヘッダー制作できる

自分でバナーやヘッダー制作ができるようになりました!

Twitterのヘッダーやインスタの投稿でも役立ちますよね。

ブロガー、インスタグラマー、ECショップ運営者などは、売れる・読まれるデザインを自分で制作できるのは、かなりメリットだと思います。

本作りにも

私は絵本作りをしているのですが、その際にデザインの4大原則が役立っています。

どこに絵を配置するか、余白をどうするか、などもデザインの経験が活きています。

kindleで本を制作する際には、表紙をデザインできたらいいなと計画中です。

【まとめ】40代主婦がwebデザイナーを目指すなら本気で取り組もう!

40代主婦でwebデザイナーになっている人はたくさんいますが、どの方も本気で取り組んでいる方ばかりです。

私はwebデザインの学習の優先順位が3番目になってしまったので、これではキビシイと感じました。

他人と比較せず、焦らず、時間をかけてもスキルを習得していく、このスタイルが必要だと思います。

そしてデザインソフトのアップデートやデザインの流行りなど、常に勉強やリサーチが必要なお仕事です。

webデザイナーの仕事は、やりがいがありますが、決して楽ではないし、稼げるまでに時間がかかります。

「在宅で働きたい」という理由だけなら、ライターやオンライン秘書などもありますので、よくよく検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です