wakumo(ワクモ)の口コミや評判はどう?登録方法や仕事内容と類似サービスも調査!

こんにちは!あさぎです。

wakumo(ワクモ)は、スキマ時間に働ける仕事を探すバイトマッチングアプリです。

シフト提出不要で面接も不要なので、ちょっと空いた時間に副業するのにとても便利なサービスです。

wakumoは2019年9月に開始したまだ新しいサービスなので、一体どんな仕事があるのかな?と気になる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、実際に登録してみて仕事内容やエリアから、wakumoの使いやすさを調べてみました!

wakumoと類似サービスも比較して、スキマ時間に副業を探しやすいアプリが分かるようになっていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

wakumoとは?

wakumoは、空いた時間に働きたい人と人材不足に悩む企業をマッチングするアプリです。

働きたい側はシフト提出、面接不要で、前日でも仕事を探すことができるので、副業としてもピッタリです。

運営会社は株式会社ネオキャリアで、2019年9月からwakumoのサービスを開始しています。

株式会社ネオキャリアは、wakumo以外にも人材サービスをたくさん運営しており、売上高が553億円(2019年)もあることから、ITサービスの大手企業に入ります。

wakumoのサービスの特徴は、

  • 1日単位のバイトが探せる
  • 履歴書なし、面接不要で面倒な手続きなし
  • 給与振り込みはwakumoが管理するので、仕事先が別々でも手続きが簡単

などがあります。

勤務日の前日でもアプリで簡単に応募できるところが、ものすごく便利なサービスです。

wakumoの手数料

wakumoでは、求職者の手数料は無料です。

会員登録も無料で、お金を引き出す時も無料なので嬉しいですね。

wakumoのエリア

wakumoで選択できるエリア範囲を下記しました。(2020年6月現在)

関東地方:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県

関西地方:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県

九州・沖縄:福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

中部地方:愛知県・静岡県・三重県

北海道

中国地方:広島県・山口県

四国地方:愛媛県・高知県

wakumoでは、2020年9月末までに掲載求人数累計10万件を目指しており、大阪・愛知・福岡のエリアにも力を入れていく、とコメントしており今後の求人数増加に期待です。

現時点では、まだ他のバイトマッチングサービスに比べると求人数が少ないので、仕事がない〜!という地域もあります。

wakumoの評判と口コミ

wakumoの評判と口コミをSNSやネット上から集めました。

wakumoの悪い口コミ

  • アピールポイントを書くところがなく、採用されない
  • 何件応募しても採用されない
  • 採用基準が曖昧
  • 仕事が少なすぎる

wakumoには、プロフィールや仕事応募時にも、自分をアピールできる入力する画面がありません。

そうすると、採用の判断基準が顔写真と経験職種、資格などしか情報がなく、働いた経験少ない人は採用されにくい可能性がありますね。

そして、2019年に9月に開始したサービスなので、まだ登録企業が少ないため求人数も少なめです。

今後登録企業が増えて、より使いやすいサイトになってくれることに期待ですね。

wakumoのいい口コミ

wakumoのいい口コミをみていきましょう。

  • 現金手渡しの仕事がある
  • 面倒な手続きが一切ない
  • シフト調整されたバイトの穴埋めに便利

wakumoの仕事は、現金手渡しの仕事がたくさんあります。

バイトの応募も前日まで申し込むことができるので、急にお金が欲しい!という時に便利です。

面接が不要で履歴書もいらないため、面倒な手続きがありません。

1回だけでもOKな仕事が多いので、まずはやってみよう!と応募までのハードルが低くなるのがいいところですね。

wakumoの仕事内容

wakumoでどんな仕事があるのか見ていきましょう。

  • 飲食店スタッフ
  • コンビニスタッフ
  • 倉庫内作業(仕分け・梱包・商品管理)
  • 介護業務
  • デリバリー
  • コールセンター
  • レッスン講師

いろんな職種があるので、長期でバイトしたい時にまずはwakumoで体験してみる、という使い方もできます。

中には、必要なスキルがないと採用してもらえない求人もあります。

例えば、コンビニや飲食店の場合は、過去に働いた経験がある人が求められます。

倉庫の作業や介護業務などは、必要なスキルはありませんので上手く活用したいですね。

wakumoの登録方法と退会方法

wakumoの登録方法と退会方法をみていましょう。

wakumoの登録方法

wakumoの登録方法は5分もかからず簡単です。

  • アプリをインストール
  • 電話番号を送信して、SNSから送信される4桁の番号を入力する
  • 働きたいエリアを入力する

この時点でどんな仕事があるか確認することができます。

実際に仕事に応募するためには、マイページから本登録が必要です。

振り込みに使う銀行口座の番号も必要なので、通帳かカードを用意しておきましょう。

  • 本登録をする
  • 本人確認の書類(免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード)をアップロードする
  • 基本情報を入力する(顔写真・氏名・性別・生年月日・住所・エリア・経歴・銀行口座など)
  • 登録内容を確認する
  • 利用規約に同意する
  • 本登録の完了をタップして登録完了

採用につながるように、顔写真はもちろん、経歴と資格はしっかり入力しておくといいですよ。

wakumoの退会方法

wakumoの退会方法は3つの手順でとても簡単です。

1.マイページのメニューを下部にスクロールして「退会申請」をタップする

2.退会理由と評価内容を入力する

3.注意事項を確認して「退会申請」をタップする

個人情報が心配な方がいるかと思いますが、プライバシーポリシーの方針や個人情報の苦情・相談窓口がありましたので、適切に対応してもらえることが分かります。

wakumoの類似サービス

wakumoと同じく、1日単位のバイトのマッチングアプリの特徴を表にして比較しました!

2019年に入ってから副業ブームにのって、スキマ時間にバイトを探せるマッチングアプリのリリースが相次いでいます。

どのサービスもエリアや職種に特徴があるので、自分に合ったサービスを2つ位併用すると、やりたい仕事がマッチする確率が上がります。

サービス名 求人数 職種
タイミー
ワクラク
シェアフル
wakumo(ワクモ)

表をみても分かる通りwakumoは、他のバイトマッチングアプリに比べると求人数が少ないのがデメリットです。

4つ中で総合的におすすめのサービスはシェアフルです。

シェアフルは、求人数も多く職種も70種類以上あるので、やってみたい!という仕事が見つけやすいです。

もちろんwakumoは、今後求人が充実すると考えられますが、自分の地域に仕事がないんだけど…という方には、他のアプリもダウンロードして単発バイトを探してみてくださいね!

▶シェアフル公式ページ

wakumoよりシェアフルが求人数が多くてオススメ!

wakumoは、1日単位のバイトマッチングアプリです。

IT人材サービスでは大手の株式会社ネオキャリアが運営しており、今後も求人数やサービスの拡大が期待できます!

▶wakumo(ワクモ)の公式ページ

wakumoは、面接不要で面倒な手続きがないので、とても便利ですが求人数がとても少ないのがデメリットです。

今後は求人数が増えてくると予想されますが、wakumo以外のバイトマッチングアプリも併用して仕事を探すのがおすすめです!

バイトマッチングアプリで求人数も職種も多くておすすめは、シェアフルです!

シェアフルは、事務職からコールセンター、農家など、単発バイトでは見られない求人を取り扱っているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▶シェアフル公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です